D:原子力・核兵器

 1.総論
 2.核兵器
 3.原子力




1.総論

D1-001 ジュリスト:原子力平和利用 我妻栄 有斐閣 1968
D1-002 核問題の基礎知識 原水爆禁止日本国民会議 原水爆禁止日本国民会議 1971
D1-003 不思議な国の原子力 河合武 角川書店 1961
D1-004 ついに太陽をとらえた 読売新聞社 読売新聞社 1954
D1-005 広島の遺産 上 エドワード・テラー 時事通信社 1962
D1-006 広島の遺産 下 エドワード・テラー 時事通信社 1962
D1-007 石油と原子力に未来はあるか 槌田敦 亜紀書房 1978
D1-008 核文明の恐怖 H・コルディコット 岩波書店 1979
D1-009 原子力との共存 崎川範行 本郷出版社 1978
D1-010 原子力帝国 ロベルト・ユンク アンヴィエル 1980
D1-011 原子力を考える 三宅泰雄 水曜社 1979
D1-012 日本講演 原子力時代と人類の運命 渡辺誠毅 日本講演 1965
D1-013 核拡散は防げるか? ストックホルム国際平和研究所 共立出版 1980
D1-014 岸田純之助 学楊書房 1975
D1-015 1990年世界エネルギー予測 日本エネルギー経済研究所 ダイヤモンド社 1980
D1-016 エネルギー大論争 バリー・コモナー ダイヤモンド社 1980
D1-017 核の問題を考える 外務省情報文化局 外務省情報文化局 1967
D1-019 核の栄光と挫折 ピーター・プリングル 時事通信社 1982
D1-020 人間が危ない:「核」のはなし 服部学 水曜社 1982
D1-021 核の脅威 原水爆禁止大会実行委員会 原水爆禁止大会実行委員会 1986
D1-022 非核未来への旅立ち 原水爆禁止日本国民会議 原水爆禁止日本国民会議 1992
D1-023 さよなら・核時代 原水爆禁止日本国民会議 原水爆禁止日本国民会議 1994
D1-024 高木仁三郎著作集 1:脱原発へ歩みだす 1  高木仁三郎 七つ森書館 2002
D1-025 高木仁三郎著作集 2:脱原発へ歩みだす 2 高木仁三郎 七つ森書館 2002
D1-026 高木仁三郎著作集 4:プルートーンの火 高木仁三郎 七つ森書館 2001
D1-027 高木仁三郎著作集 6:核の時代/エネルギー 高木仁三郎 七つ森書館 2003
D1-028 高木仁三郎著作集 7:市民科学者として生きる 1 高木仁三郎 七つ森書館 2002
D1-029 高木仁三郎著作集 11:子どもたちの未来 高木仁三郎 七つ森書館 2002
D1-030 高木仁三郎著作集 8:市民科学者として生きる 2 高木仁三郎 七つ森書館 2003
D1-031 高木仁三郎著作集 3:脱原発へ歩みだす 3 高木仁三郎 七つ森書館 2003
D1-032 高木仁三郎著作集 5:核燃料サイクル施設批判 高木仁三郎 七つ森書館 2003
D1-033 高木仁三郎著作集 9:市民科学者として生きる 3 高木仁三郎 七つ森書館 2004
D1-034 高木仁三郎著作集 10:鳥たちの舞うとき 高木仁三郎 七つ森書館 2004
D1-035 高木仁三郎著作集 12:論集 高木仁三郎 七つ森書館 2004
D1-036 核のない社会めざして 原水爆禁止日本国民会議 原水爆禁止日本国民会議 1989
D1-037 核時代・おわりのはじまり 原水爆禁止日本国民会議 原水爆禁止日本国民会議 1990
D1-038 核の時代をこえて 原水爆禁止日本国民会議 原水爆禁止日本国民会議 1991
D1-039 放射能まみれ・核まみれ 原水爆禁止日本国民会議 原水爆禁止日本国民会議 1993
D1-040 非核社会への旅立ち 原水爆禁止日本国民会議 原水爆禁止日本国民会議 1995
D1-041 核なき世界をめざして 原水爆禁止日本国民会議 原水爆禁止日本国民会議 1996
D1-042 たちきれ・核時代 被爆42周年原水禁世界大会実行委員会編集員会 被爆42周年原水禁世界大会実行委員会編集員会 1987
D1-043 図説「核」の世界地図 浅井信雄 青春出版社 2008

▲ページのTOPへ




2.核兵器

D2-001 核兵器と放射能 三宅泰雄 新日本出版社 1969
D2-002 核は警告する 原水爆禁止日本国民会議 原水爆禁止日本国民会議 1969
D2-003 原子力潜水艦 小川岩雄 文京閣 1963
D2-004 死の灰 塚本憲甫 保健同人社 1962
D2-005 核兵器 川崎昭一郎 汐文社 1967
D2-006 リーダーズダイジェスト:原子爆弾についての新事実 U.S.ニューズ アンド ワールドリポート リーダーズ・ダイジェスト日本支社 1949
D2-007 0の暁 W.L.ローレンス 創元社 1950
D2-008 0の暁 W.L.ローレンス 創元社 1951
D2-009 原子力兵器の秘密をあばく 野村千尋 鳴尾書房 1951
D2-010 原子爆弾の完成 H.D.スマイス 岩波書店 1951
D2-011 原爆はこうしてつくられた レスリー・R・グローブス 恒文社 1974
D2-012 原爆は誰でも作れる ジョン・マックフィー 文化放送開発センター 1975
D2-013 原子の探求 H.コンプトン 法政大学出版局 1959
D2-014 ザ・デイ・アフター 松竹株式会社事業部 松竹株式会社事業部 ?
D2-015 学鐙 原子と水爆 松田栄 丸善 1962
D2-016 原子力潜水艦の寄港問題 外務省情報文化局 外務省情報文化局 1964
D2-017 核兵器の包括的研究 服部学 連合出版 1982
D2-018 原水爆実験 武谷三男 岩波書店 1970
D2-019 原子兵器の効果 五味久直 科学新興社 1951
D2-020 日本科学者会議 合同出版 1982
D2-021 核戦争と放射線 ジョセフ・ロートブラット 東京大学出版会 1982
D2-022 核さがしの旅 石川巌 朝日新聞社 1983
D2-023 兵器ビジネス 毎日新聞社軍事問題取材班 築地書館 1982
D2-024 兵器生産の現場 朝日新聞名古屋本社社会部 朝日新聞社 1983
D2-025 核戦争の悪夢 N.コールダー みすず書房 1982
D2-026 核の冬 M.ロワン=ロビンソン 岩波書店 1985
D2-027 アメリカの核兵器 青木謙知 航空ジャーナル社 1984
D2-028 utan(ウータン)5 角宮二郎 学研 1960
D2-029 核の夜 エフゲーニ・ベリホフ 新日本出版社 1986
D2-030 核兵器と科学者の責任 C.Gウィーラマントリ 中央大学出版部 1987
D2-031 核兵器と核戦争 服部学 大月書店 1982
D2-032 核 知る・考える・調べる 日本科学者会議 合同出版 1982
D2-033 核の冬:第三次世界大戦後の世界 C.セーガン 光文社 1985
D2-034 ジョン・ウェインはなぜ死んだか 広瀬隆 文芸春秋 1988
D2-035 核戦略の曲り角 豊田利幸 岩波書店 1983
D2-036 核兵器は世界をどう変えたか シドニー・レンズ 草思社 1986
D2-037 南アフリカの核兵器開発 アフリカ行動委員会 アフリカ行動委員会 1982
D2-038 われらの時代に起こったこと:原爆開発と12人の科学者 J.ウィルソン 岩波書店 1979
D2-039 核戦争と地球:平和をまもるために 安斎育郎 岩崎書店 1986
D2-040 現代の核兵器 高榎堯 岩波書店 1982
D2-041 核巡航ミサイルトマホーク 日本平和委員会 日本平和委員会 1984
D2-042 中性子爆弾:地球の破滅をまねく核兵器 岩倉務 汐文社 1982
D2-043 裁かれる核 朝日新聞大阪本社「核」取材班 朝日新聞社 1999
D2-044 旧ソ連 戦慄の核実験 NHK取材班 日本放送出版協会 1994
D2-045 ひろがる核兵器の恐怖 ナイジェル・ホークス 佑学社 1986
D2-046 高校生のための核読本 「平和教育のための手引書」編集委員会 茨城県高校教組 1987
D2-047 核時代−昨日・今日・明日 中国新聞社 中国新聞社 1995
D2-048 核と人間 中国新聞社 中国新聞社 1995


▲ページのTOPへ




3.原子力

D3-001 原子力産業の話 田中好男 日本経済新聞社 1969
D3-002 原子力と産業 A.クラミッシュ 紀伊国屋書店 1959
D3-003 鉛の服を着た男 ダニエル・ラング 時事通信社 1956
D3-004 原子力発電の安全性 原子力安全問題研究会 岩波書店 1975
D3-005 原子力発電をどう考えるか 三宅泰雄 時事通信社 1976
D3-006 原子力戦争 田原総一郎 筑摩書房 1976
D3-007 日本の原子力発電 中島篤之助 新日本出版社 1976
D3-008 原発と環境 安斎育郎 ダイヤモンド社 1975
D3-009 原発の恐怖 シェルドン・ノビック アグネ 1975
D3-010 私たちの原子力 マーガレット・O・ハイド 時事通信社 1956
D3-011 原子力発電の危険性 高橋昇 技術と人間 1977
D3-012 原子力と安全性論争 高橋昇 技術と人間 1978
D3-013 われわれは原発と共存できるか マッキンレー・C・オルソン 講談社 1977
D3-014 図説 原子力読本 安斎育郎 合同出版 1979
D3-015 原子力発電 武谷三男 岩波書店 1979
D3-016 原発死 松本直治 潮出版社 1979
D3-017 原発の安全性への疑問 アメリカの憂慮する科学者問題 水曜社 1979
D3-018 反原発事典 T 反原発事典編集委員会 現代書館 1979
D3-019 反原発事典 U 反原発事典編集委員会 現代書館 1979
D3-020 環境放射能 M.アイビンバッド 産業図書 1979
D3-021 軽水炉の安全性 軽水炉安全性研究グループ 講談社 1979
D3-022 原子力裁判 マシュー・マクルア アンヴィエル 1980
D3-023 日本講演 原子力発電の原理 柴田俊一 日本講演会 1964
D3-024 日本の原子力発電 中島篤之助 新日本出版社 1974
D3-025 プルトニウムの恐怖 高木仁三郎 岩波書店 1981
D3-026 原発被曝列島 樋口健二 三一書房 1987
D3-027 原発大情報 メディア・インターフェイス 三一書房 1989
D3-028 そこに原発があるけれど 柴野徹夫 あけび書房 1988
D3-029 一般原子工学 小澤省吾 恒星社厚生閣 1961
D3-030 地球をまわる放射能 市川富士夫 大月書店 1986
D3-031 原発の現代史 西尾漠 技術と人間 1988
D3-032 図説 原子力読本 安斎育郎 合同出版 1979
D3-033 チェルノブイリ 最後の警告 高木仁三郎 七つ森書館 1986
D3-034 地球被爆 チェルノブイリ事故と日本 朝日新聞社 朝日新聞社 1987
D3-035 原発はなぜこわいか 小野周 高文研 1980
D3-036 現代と原子力 中島篤之助 汐文社 1976
D3-037 原子力発電はいらない 内野悳郎 らくだ出版 1982
D3-038 放射能の流れた町 弘中奈都子 阿吽社 1988
D3-039 原子力発電問題 若狭シンポジウム報告集 原子力発電問題シンポジウム実行委員会 日本科学者会議 1974
D3-040 原子力発電問題 水戸シンポジウム報告集 原子力発電問題シンポジウム実行委員会 日本科学者会議 1974
D3-041 核問題レポート 1:原子力と核兵器の拡散 ジョセフ・ロートブラット 原水爆禁止資料センター 1980
D3-042 火発・原発と環境問題 地域開発と教育所員会議 福島県教組連合教育研究所 1980
D3-043 原子力読本 神奈川県高教組編集委員会 東研出版 1985
D3-044 原子力市民年鑑2002 原子力資料情報室 七つ森書館 2002
D3-045 チェルノブイリ「消えた458の村」 広河隆一 日本図書センター 2001
D3-046 原子力市民年鑑2003 原子力資料情報室 七つ森書館 2003
D3-047 原子力市民年鑑2004 原子力資料情報室 七つ森書館 2004
D3-048 漂流する原発ゴミ 放射能のゴミはいらない!県条例を求める会 放射能のゴミはいらない!県条例を求める会 2007
D3-049 東京湾の原子力空母 原子力空母横須賀母港化を許さない全国連絡会 新泉社 2008
D3-050 中電さん、さようなら:山口県祝島原発とたたかう島人の記録 那須圭子 創史社 2007
D3-051 いま原発で何が起きているのか 中国新聞社 2011
D3-052 「僕のお父さんは東電の社員です」 森達也 現代書館 2011
D3-053 さようなら原発 鎌田慧 岩波書店 2011
D3-054 原発のないふるさとを 小出裕章 批評社 2012
D3-055 子どもたちのいのちと未来のために学ぼう 放射線の危険と人権 福島県教職員組合放射線教育対策委員会 明石書店 2012
D3-056 原発・放射線をどう教えるか 京都教育センター 京都教職員組合 2012
D3-057 フクシマから学ぶ原発・放射能 安斎育郎 かもがわ出版 2012
D3-058 ストップ原発2:放射能汚染と人体 野口邦和 大月書店 2012
D3-059 調査報告 チェルノブイリ被害の全貌 星川淳 岩波書店 2013

▲ページのTOPへ